ホビーラホビーレのリバティで伊藤みちよさんチュニックを手作りする

 ふんわりチュニックをリバティで作ったらピッタリだった

f:id:sewing8:20190724140350j:plain

今回のらんらんソーイングは、「チュニック&パンツ」(NHK出版)の本から作りました。

伊藤みちよさんデザインの、綿プリントのふんわりチュニックです。

  

生地はホビーラホビーレのリバティで、ジューン・ストライプです。

爽やかなブルーと、ボーダーに切り替わるデザインが気に入りました。

 

作り方と着た感じは?

時間は掛かりますが、一つ一つしっかり作っていと、出来上がっていく喜びがあります。

作り方は簡単ではないけれど、難しくもないといった感じですね。

 

着た感じは、ふんわりと軽くて涼しいです。

伊藤みちよさんのデザインらしく、衿ぐりのラインが美しいです。

洋服全体も本当にかわいいんですよ。

 

作ったかいがあるので、ぜひみなさんも手作りしてみて下さい♡

スターバックスラテ

f:id:sewing8:20190724152725j:plain

  • 2019 7/20のスターバックスラテ
  • ホビーラホビーレ リバティ ジューン・ストライプ ブルー

身頃を縫って、肩ひもをつけるシンプルな作り方なので、夏のソーイングを楽しめます。

www.sewing7.com 

f:id:sewing8:20190707113102j:plain

  • 2019 7/5のスターバックスラテ
  • リネット 一口女王 パプリカイエロー

ドルマンスリーブチュニックは、風通しが良く、蒸し暑い日も快適に過ごせます。 

www.sewing7.com

f:id:sewing8:20190718162541j:plain

  • スターバックス 抹茶ナッツ

カリッとしたミックスナッツと、ふわりと香る抹茶に癒されます。

  • 水玉ダブルガーゼで作ったクッションカバー

大きめの水玉とパステルカラーがかわいくて、さっそくクッションカバーを作りました。 

www.sewing7.com

f:id:sewing8:20190730162955j:plain

  • スターバックス  ジャーナルブッククラフト

ToDoリスト、心のごちゃ・モヤ、全部書き出すとスッキリするので、ノートはオススメです。

  • リネット シックスフォールドガーゼで作ったサマーブランケット

6重ガーゼコットンは、適度な厚みがブランケットにぴったり。

生地もミシンで縫いやすいですよ。 

www.sewing7.com

 

ホビーラホビーレ リバティ  ジューン・ストライプ

ガブリエラ(ストライプ状花柄)、ジューンズ・メドウ(標本花柄)、ケイティ・アンド・ミリー(小花柄)の組み合わせです。

f:id:sewing8:20190718161225j:plain

この生地で洋服を作る場合、柄合わせが必要です。

初心者の方には、柄合わせがいらない生地がおすすめです。

 

柄合わせが必要な生地は、長めに買いましょう。

この生地では、本で2m50㎝使用なので、3m買いました。

 

綿プリントのふんわりチュニックと作り方の体験記

f:id:sewing8:20190724154205j:plain

柄合わせをする

f:id:sewing8:20190707111609j:plain

身頃のバストラインと、袖の袖幅線に柄をそろえます。

「ソーイングハンドブック」(日本ヴォーグ社)を参考にしました。

本の縫い方の順序を変えた 

すそのカーブの始末がうまくいかなかったので、後に回します。

前あきを作る

f:id:sewing8:20190708113037j:plain

スラッシュあきを縫い、中央に切り込みを入れて、裏に返します。    

f:id:sewing8:20190709112318j:plain

アイロンで整えて、前あきにステッチをかけます。ここは、スムーズでした。

そでのえりぐりにギャザーを寄せる 

f:id:sewing8:20190708111959j:plain

粗い針目でミシンを2本かけて、6㎝にギャザーを寄せます。

袖付け、そで下〜わきを縫う 

f:id:sewing8:20190711112817j:plain

そでぐりを縫い、縫い代にジグザグミシンをかけます。

そで下からわきを縫います。縫い代を2枚一緒にジグザグミシンをかけます。

ここは、簡単に進みました。

 

すそのカーブの始末がややこしくて気付いたこと 

f:id:sewing8:20190713154622j:plain

カーブ右上のわき線の縫い止まりの印を、しっかり写しておくことが大事でした。

 

ここで縫い止まると、カーブの始末のつじつまが合って、分かりやすく進みます。 

f:id:sewing8:20190713155224j:plain

本の通りにすると、カーブが急で布が余ってくちゃくちゃになります。

キレイに折り込めませんでした。

粗いミシン目でギャザーをゆるーく寄せて、アイロンでおさえます。 

f:id:sewing8:20190714111947j:plain

うまく折り込めました。

手間ですが。。。

そで口の始末をする

f:id:sewing8:20190714112404j:plain

三つ折りにして、ステッチをかけます。

えりぐりの始末をする

f:id:sewing8:20190716112435j:plain

縫い進んで行くうちに、身頃とバイアス布の合印が1センチ長くズレました、、、

 

ギャザー寄せもあるし、縫いほどくのもシンドかったので、そのまま最後まで縫いました。

念の為、バイアス布は長めに作っておいて良かったです。

着てみると、ちょうど良いし見た目もきれいでした。

 

1センチのズレは大丈夫そうです・・参考までに・・

 

綿プリントのふんわりチュニックを作ってみよう

f:id:sewing8:20190724145138j:plain

前です。 

衿ぐり全体に白の大きな花柄がくるように、袖を裁ってます。

 

袖は、夏にしては長めです。

日焼けと冷房対策で、型紙そのままの長さで作りました。

着てみると、この袖の長さがメイミーさんらしく、絶妙にかわいいです。

 

 裾は生地を長く買ったので、9㎝長く補正して使い切りました。

f:id:sewing8:20190724150004j:plain 

後ろです。 

今回のチュニックは、伊藤みちよさんの服の中では、少し時間がかかるタイプでした。

スラッシュ前開き、ギャザーの袖付けなど中級向けに上達する良い機会になりました。

一番大事なポイントがあった 

このチュニックを作るポイントは、生地選びです。

本ではリネンストライプ(ナチュラル感あり)、私の花柄タナローン地と、選んだ生地によって、ガラッと雰囲気が変わります。

 

なのでみなさんも、素敵な自分をイメージして、生地選びを楽しんで下さいね♡