サマーブランケットは6重ガーゼコットンを2回縫うだけで手作りする

ブランケットは2辺を縫ってできあがり

f:id:sewing8:20190807151725j:plain

ブランケットを手作りします♡

と、聞くとなんか大変そうですが、簡単なんです。

145センチ幅の生地を買って、切り端を縫うだけで出来上がります。

 

そんな良い生地を見つけて、らんらんソーイングでは、夏のブランケットを手作りしました。

 

小さく作って、ベビーおくるみや子供のお昼寝ケットにもいいですね。

 

 スターバックスラテ とベイク

f:id:sewing8:20190805113504j:plain

  • 2019 8/3のスターバックスラテ
  • ホビーラホビーレ リバティ ジューン・ストライプ 

 少し時間は掛かりますが、優しいふんわり感がステキなチュニックです。

www.sewing7.com

 

f:id:sewing8:20190729111824j:plain

  • ベイク チーズタルト 

焼きたて1時間以内、中はトロふわ外はサクッ、クリームチーズのコクたっぷりで美味しいです。

  •  リネット 一口女王 パプリカイエロー

夏の洋服をパッと作りたい、という方にオススメのドルマンスリーブチュニックです。 

www.sewing7.com

 

リネット シックスフォールドガーゼ

f:id:sewing8:20190730155358j:plain

C100% W145㎝ made  in  Japan

 

京都のリネットさんで買いました。 

6重のガーゼコットンで、白い水玉は刺繍です。

裏側もカワイイですね。

 

ほどよい厚みと優しい肌触りが、ブランケットにぴったりです。

サイズを確認すると良い 

生地は2m買いました。 

家に帰ってタオルケットのタグを見たら、サイズ 縦200× 横140でした。

三つ折りにする分(8㎝)を入れて、2m10㎝で買ってもよかったなあ。

 

サマーブランケットの作り方

f:id:sewing8:20190807163352j:plain

水通しすると、切り端がほどけそうなので、ナシで縫います。

三つ折りにする

f:id:sewing8:20190722111549j:plain

アイロン定規で2センチ折ります。

さらに2センチ折って、完全三つ折り(同じ幅で2回折って縫う)にします。

この生地は柔らかくて、ものすごく切り端がほどけやすいです。

 

最初は1センチ折って、2センチ折る三つ折りで縫ってみました。

縫ってる最中に、もう切り端がほどけてきて縫いにくい・・。

 

なので、しっかり2センチ折り込みました。縫いやすいです。

三つ折りを縫う

f:id:sewing8:20190730154447j:plain 

三つ折りの端にミシンをかけます。

6重ガーゼの三つ折りですが、家庭用ミシンでも縫いやすく大丈夫でした。

 

ブランケットを作ってみよう

f:id:sewing8:20190807162236j:plain

たったこれだけの始末で、素敵なブランケットができあがります。

6重ガーゼの、ちょうど良い厚みのおかげです。

ミミもきれいなので、そのままです。

f:id:sewing8:20190730152750j:plain 

この生地すごい! 

 

色もラベンダーかブルーグレーの淡い色味に、白い水玉がかわいいです。

 

掛けてみると、とても軽くてふんわり涼しく、よく眠れました。

 

最近は6重ガーゼを、手芸店(トーカイさん)でも見かけるようになりました。

ぜひ、ふんわかした手触りを味わって見て下さい♡