マリメッコのイックナプリンッシでエプロンドレスを手作りする

大きな柄で作ると面白い

f:id:sewing8:20190927162128j:plain

涼しくなって、秋を感じますが着るものに悩みます。

 

らんらんソーイングでは、エプロンドレスを作りました。

インナーは半袖と長袖で調節します。

 

使った本は「大人のかんたんソーイング」2019 夏 です。

(最近、秋冬版が発売したので買いました♪)

 

生地は、マリメッコイックナプリンッシです。

意味は「窓辺のプリンス」なんですよ。

前・後ろのどちらも楽しめる

イックナプリンッシは、植物が7種類もあります。

どれも素敵なので、前でも後ろでも着れるようにしました。

 

エプロンなので、前身頃2枚で作っても、着て大丈夫でした。

作り方も難しいところはなく、スムーズです。

 

秋のソーイングに、エプロンを手作りして、おうち時間を楽しむのもよいですね♡

 スターバックスラテ

f:id:sewing8:20191002165419j:plain

  • スターバックスラテ 2019 9/20 
SOU・SOU  すずしろ 

大きめのタックで、衿もとが立体的になります。

どなたにも似合いやすい、良いデザインです。

www.sewing7.com

 

f:id:sewing8:20190924020758j:plain

  • スターバックス  BLT&BLTエッグサンドイッチ

ベーコンたっぷり、シャキッとレタス、とろりとした黄身。

あったかいラテと、和みました。

マリメッコ イックナプリンッシ 

マリメッコは、動物柄もかわいいです。

スヴァーレ はキツネがモチーフです。 

www.sewing7.com

f:id:sewing8:20191011145452j:plain

  • スターバックス  アフターコーヒーミント(マスカット)
  • ティルダ (ジョセフィーヌ)ティール

ジューシーなマスカットと、控えめなミント。

手軽さが魅力です。

f:id:sewing8:20191004142728j:plain

  • スターバックス  ヴィア®️ コーヒーエッセンス アソートセット
  •  スターバックス  キャラメルワッフル

とろけたキャラメルと、口あたりの良いコーヒー。

一緒に楽しめる、素敵な組み合わせです。

  • KINTO  クロノス

ダブルウォール ティーカップ200ml。

マリメッコ プケッティ

深めスリットが新鮮な、ロングチュニックを作りました。

www.sewing7.com

 

マリメッコ イックナプリンッシ

f:id:sewing8:20190930110331j:plain

IKKUNAPRINSSI(イックナプリンッシ)は、「窓辺のプリンス」という意味です。

日常の現実と空想の世界が、力強く融合します。

デザイナーは、エルヤ・ヒルヴィ。

エプロンドレスの作り方の体験記

f:id:sewing8:20190925161824j:plain

身頃を裁つ

f:id:sewing8:20190928162620j:plain

両端の白いミミの部分を折ります。(正確には、1センチ白いミミを使います。横幅を増やすため。)

生地を半分に折って、身頃1枚分をとります。

残りの半分(70センチくらい)で、もう1枚分の身頃をとります。

 

f:id:sewing8:20190930105211j:plain

マリメッコの横幅では、たいてい、型紙の裾は最後まで入りません。

生地の幅に合わせて、補正します。

裾幅は狭くなりますが、十分歩ける幅で、デザインもキレイなままです。

脇線を縫う

f:id:sewing8:20190930104650j:plain

脇線にミシンをかけ、縫い代を開きます。

見返しを作る

f:id:sewing8:20190929113758j:plain

見返しに接着芯をはります。

見返しの両端を縫い、縫い代を開き、周りにジグザグミシンをかけます。

 

肩ひもを作る

f:id:sewing8:20190930105818j:plain

花と葉の明るい赤系のところで裁って、作りました。

肩ひもをつける

f:id:sewing8:20190930112440j:plain

肩ひもを縫い付けてから、見返しをつけます。

ヒモがずれる心配がないので、作りやすいエプロンドレスですね。

見返しをつける

f:id:sewing8:20190930112945j:plain

身頃と見返しを中表にして縫い、カーブの縫い代に切り込みを入れます。

f:id:sewing8:20191002162614j:plain

見返しを身頃のうら側に返して、ミシンをかけます。

肩ひものところに山場を感じた

ちょっと大変だったのは、肩ひもの付け根のミシンかけです。

布が重なってカタイのと、直角のミシンかけにプレッシャーを感じました。

 

落ち着いてゆっくり縫って、無事終わりました。

 

裾線を縫う

f:id:sewing8:20191001122522j:plain

実際に三つ折りにして見ると、ランのような植物の切れ方が不自然でした。

裾をのばす為に1センチの三つ折りに変更しました。

 

エプロンドレスを作ってみよう

 

f:id:sewing8:20190925165111j:plain

「大きな柄で作ってみても、面白いですよ。」

店員さんのアドバイスに、ハッとしました。

 

私は最近、思い込んでいました。

マリメッコは、小さい柄が洋服作りに向いていると。

 

 新しい発見をしました。

大きな柄は、身頃をどこで裁つか、ワクワクしてとても楽しいんです。

裁つところで洋服の雰囲気が、様々に変わります。

 

f:id:sewing8:20190927164316j:plain

胸元に、葉が広がるのが気に入って、上にもってきました。

大きな花と葉は、裾におきました。

 

ワンピースだと、逆も素敵です。

この大きな花と葉を、衿ぐりにもってくると、印象的です。

 

どこで布を裁つかは、何度でも鏡の前で、当てて見て下さいね。

あなたに合うイメージが、必ず見つかりますよ♡