ネックウォーマーをカシミア入りの顔映えキレイなオレンジで作る

f:id:sewing8:20190113160947j:plain 

肌触りの良い生地を選ぶことが大事 

圧縮ウールのような、密で柔らかな起毛のカシミア混ウールモッサーです。

ウール70%・ナイロン20%・カシミア10%の日本製です。

 

鮮やかなオレンジ色が一目見て気に入って決めました。冬はアウターが黒・紺・ベージュなので、明るい色が首元にあるといいなぁと思って。手触りもすごく滑らかです。

 

首に直接触れる布なので、チクチクした肌触りでない生地を選びます。

この布は合格です。

 

布幅が150センチあるので、横並びに2枚作れます。なので布幅も必ずチェックしておきます。

f:id:sewing8:20190115105415j:plain

2019 1/10のスターバックスラテとオレンジウールモッサー

ラテもウールモッサーもあったかくて、ほっとします。

ネックウォーマーの作り方

36×72に布を裁つ

f:id:sewing8:20190112155736j:plain

150センチ幅ある生地なので半分に折ります。半分にした所を裁ちます。これでネックウォーマー2枚分の生地になります。

 

長さは縦36センチと、横72センチの長方形に裁ちます。回りにジグザグミシンをかけます。針と糸はニット用にします。

 

端の始末とゴム通しを作る

f:id:sewing8:20190112154705j:plain

左右端と下側の1センチを折って、ミシンをかけます。

最後にゴム通し部分を作ります。上を5センチ幅に折って、下側にミシンをかけます。

 

縫う線の目印にチャコペンを使います。

ニットには時間が経つと、自然に消える紫色のチャコペンを使ってます。正しくはチャコパーという名称です。

コットンの時は水で消える青いチャコペンで、時間が経っても消えないタイプを使ってます。

 

このニットは端で重なると、家庭用ミシンでは進まなくなります。ミシンの押え上げを上げ下げしながら、ゆっくりと布を送ると縫えました。

端を縫って輪にする

f:id:sewing8:20190112155151j:plain 

布を中表に半分に折って、端を重ねて縫って輪にします。端は全部縫うのではなく、チャコペンの線の部分7センチを縫います。

 

この7センチは手縫いにします。家庭用ミシンでモッサー生地4枚重ねは無理でした。

手縫いは本返しで縫います。本返しは一番しっかりとする縫い方です。 

ゴムを通す・ストッパーをつける 

f:id:sewing8:20190109012551j:plain

トーカイさんでコードストッパーS(サイズ)とゴムを買いました。ゴムはヘアゴムの一番細いものです。色は両方とも赤にしました。

 

裏側になってる状態で、ゴムを通しストッパーをつけます。結び目はゴム通しの奥に入れて、見えないようにします。

 

ストッパーでゴムを絞って調節する 

f:id:sewing8:20190113153334j:plain

裏側から見たところです。

ゴムをぎゅーっと、ストッパーで絞っていきます。着用する時は、絞ったままで、頭からすっぽり被ります。

 

脱ぎ着する度に、ゴムを緩めてもいいですね。ストッパーも使いやすいです。

 

できあがり・軽くてふんわりした温かさに大満足

f:id:sewing8:20190115113359j:plain

割れてるところに、肩が入ります。簡易版スカーフのような感じになります。

まとめと感想

f:id:sewing8:20190113150105j:plain

150センチ幅あるので、長さ50センチで買って2枚作れます。

ウール地ですが、家庭用ミシンでも縫いやすい生地でした。

 

手縫いの場面では、本返しの縫い方をググって知りました。やってみると、本返しは簡単です。向こう側に針を出す、手前に戻って来て針を入れる、の繰り返しです。

 

ゴム通しの最後の縫い合わせがずれました。

ミシンで縫いながら布を送る時、斜めにして布を送るクセが、私にあるからです。

布を送る時は、まっすぐ並行に、を気をつけます。

 

作ってみると柔らかく温かくて、寒い外出も気が楽になりました。

手作りにウールモッサーは、おすすめです。

 

見に来て下さり、ありがとうございます。