マリメッコのヤスピ・りんごでボトルネックワンピースを手作りする

f:id:sewing8:20190213134421j:plain

コットンで失敗して復活したボトルネックワンピース

伊藤みちよさんの、「大人のワンピースとチュニック」の本を使いました。

モデルさんが本の写真では、ニット生地のワンピースを着ていました。

私は、そこはまったく気に留めませんでした。

 

買ってきたヤスピの雰囲気が、ボトルネックワンピースにぴったりだったので、早速作り始めます。

見頃2枚を裁ち終えて、違和感を感じました。なんか、首回りが細いような・・。

待ち針で肩と襟ぐりを仮縫いにして、頭を通そうとすると、

 

なんと、頭が通らない。

ニット生地で作るための型紙だったんだ。

裁った後に気がついちゃった、どうしよう・・。

 

選んだ方法は、襟ぐりの両サイドにスナップボタンを付ける事です。

頭を通した後にボタンをはめて、ボトルネックにしました。

 

本の作品がニット生地の場合、デザイン(特に襟ぐり)のチェックは大事ですね。

異なる生地でも作れるかの確認は、必要です。

いい経験になりました〜。 

マリメッコ ヤスピ 西日が当たるリンゴの木

f:id:sewing8:20190217145338j:plain

Jaspi(ヤスピ)は、フィンランドで採れるリンゴの品種です。

デザイナーはAino-Maija Metsola(アイノ-マイヤ メッツォラ)です。

 

大きなリンゴが豊富に実っています。実の一つひとつがとても大きいので、木から落ちそうですね。

スターバックスラテ

f:id:sewing8:20190220134209j:plain

  • 2019 2/15のスターバックスラテ
  • マリメッコ ヤスピ 

f:id:sewing8:20190220132551j:plain

  • 2019 2/16のスターバックスラテ
  • マリメッコ スヴァーレ

スヴァーレ は、北極キツネのこと。

キツネや鳥がモチーフになった、マリメッコの素敵なデザインです。

このフレンチスリーブチュニックは、袖口の始末が簡単なので、あっという間に出来上がりました。 

www.sewing7.com

 

ボトルネックワンピースと作り方の体験記

結論はスナップボタンを付けた 

f:id:sewing8:20190206122813j:plain

襟ぐりの端に2つずつ付けました。

スナップボタンは、イオンのパンドラハウスで、一番小さいのを買いました。 

f:id:sewing8:20190206132903j:plain

ボタン以外の方法では、ファスナーを付けてもよかったのかな〜。

 

襟ぐりを始末する

f:id:sewing8:20190204113101j:plain

見頃2枚の首と肩の線に、ジグザグミシンをかけます。首の縫い代3センチを折って縫います。

 

 袖ぐりを始末する

f:id:sewing8:20190213150548j:plain

袖ぐりは、7センチ下に下げて補正しました。脱ぎ着しやすくするためです。

 

ふちどりバイアステープは使い易い

紺色のふちどりバイアステープの、巾11ミリを使います。これは、イオンのパンドラハウスで買いました。

紺色にしたのは、ヤスピに合うドレスっぽい雰囲気にしたくて、落ち着いた色を選びました。

 

バイアステープを、肩から始まり肩で終わるように縫い付けます。

ステッチのミシン糸は、ピンク色を選びました。

ふちどりバイアステープは、初めて使うアイテムです。縫ってみると、簡単にふちどりができて安心しました。

出来上がった雰囲気は、袖ぐりの紺色で引き締まって、シックな感じで大満足です。

肩を縫う 

f:id:sewing8:20190213145012j:plain

見頃2枚を中表に合わせます。肩のできあがり線を、6センチ縫います。

これ以上縫うと、頭が通らなくなります。

 

パチっとはめるとボトルネックになる

f:id:sewing8:20190213142631j:plain

ふぅ〜〜と、一安心しました。とにかく、ボトルネックで着られるところまで、解決しました。

失敗した時、最初は気持ちが落ち込んだし、焦りましたが、ここまできて胸をなでおろしました。

 

着てみて感じるのは、ボタンが小さいので、はめるのに手間取るのが少しストレスです。

脇を縫う 

f:id:sewing8:20190213144139j:plain

見頃を2枚を中表の合わせて、2枚一緒でジグザグミシンをかけます。

できあがり線1センチのところを縫います。

 

裾を始末する 

f:id:sewing8:20190213141913j:plain

1センチ折って、三つ折りにして縫います。

 

出来上がりです 

f:id:sewing8:20190216133116j:plain

どちら側でも前で着れます。首元に小さい赤い実と、リンゴが少しだけ入る位置で布を裁ちました。

 

f:id:sewing8:20190217142022j:plain

こちら側は首元の真ん中に赤い実が2つ入ります。

それと肩下にリンゴがくる位置が気に入って、布を裁ちました。

 

裁つところを決めるときは、全身鏡の前で布を体に当てます。そして顔と布の写り映えを確かめながらすると、わかり易いですよ。

どんな感じに仕上げようかと、一番ワクワクするときですよね。

 

このボトルネックワンピースは、腰の位置で少しだけキュッと締まって、Aラインでスカートが広がります。

ちょっぴりドレスのような、よそゆきの雰囲気があるデザインですね。

 

ずっとストンと胴がおちるデザインのチュニックワンピースを作ってきました。

なので今回のボトルネックワンピは、新鮮な気持ちで着ていました。

 

デザインはとても気に入ってます。私は首の詰まった、タートルネックが苦手です。

このボトルネックは、襟の高さが丁度よく、首回りも適度に余裕があり楽です。

 

次回はニット地で作って、部屋着にしてもいいなぁ〜。

リラックスして着れる柔らかなニットで、そのまま外出もOK♡な大人っぽいデザインだからです。

 

それでは、ブログにお越し下さり、ありがとうございました。