マリメッコのヴィヒキルースでボートネックワンピースを手作りする

f:id:sewing8:20190119151348j:plain

大人可愛いボートネックワンピースはメイミーさんのデザイン 

May Me 伊藤みちよさんの「大人のワンピースとチュニック」の本を使いました。

2016年発行です。

伊藤みちよさんのお洋服は、複雑な作り方がなくシンプルです。そして出来上がると、年齢に関係なくちゃんと似合って、きれいに着れます。

 

いいこと尽くめなので、伊藤みちよさんのデザインの大ファンです。

 

どの本でお洋服を作って見たらいいのかな〜と迷われていたら、伊藤みちよさんの本で作って見て下さい。

出来上がりの大人可愛さに、またもう一枚作りたくなってしまいます。そしてどんどん、洋服作りにハマっていくんですね。

 

今回はとても作りやすく、着やすいワンピースになりました。白と紺(青)の配色のおかげですね。

バラの花がちょうど襟元から始まればよいので、裁つところをどこにするのか悩みませんでした。

 

スカートの裾は、丁度バラの花が全部入るところで、終わります。そうすると、見た目のバランスも良く、きれいに仕上がります。

 

バラの線が紺色で大人しいので、白いワンピースとして着れます。

 

今回の白×紺(青)のヴィヒキルースは、とにかく洋服作りにおすすめです。

f:id:sewing8:20190119153656j:plain

2019 1/18のスターバックスラテとヴィヒキルース 

f:id:sewing8:20190119155515j:plain

2019 1/18のCoffee&Espresso ケーキ Goma Goma Gomaの試食

すごい!こんなに小さくても、ゴマの風味と味がはっきりします。

特に練りゴマの味が感じられて、おいしいです。

VIHKRUUSU(ヴィヒキルース) ウェディングローズ 

f:id:sewing8:20190112161204j:plain

マリメッコを代表するデザイナーのMaija Isola(マイヤ・イソラ)が、MAALAISRUUSU(マーライスルース)を生み出しました。

 

その大きなバラを娘のKristina Isola(クリスティーナ・イソラ)が、小柄にリデザインしたのが、VIHKRUUSU(ヴィヒキルース)です。

 

ウェディングローズと言われるように、結婚祝いに使われることが多いデザインです。

 

今回の生地は、白地にネイビーのアウトラインで描かれたバラが新鮮でした。

洋服にしてみると、白地が生成りなので、日本人によく似合います。

 

控えめで清楚な配色なので、カーテンやクッションなど、インテリア用品を作っても、馴染みやすいですね。

 

ボートネックワンピースと作り方の体験記

見返しを作る

f:id:sewing8:20190112164010j:plain

前でも後ろでも着れるように、襟ぐりの形は同じです。前身頃の見返しを、2枚作ります。

裏に、ニット用薄手の接着芯を貼ります。普通接着芯だと、固く仕上がるのが苦手なので、ニット用で柔らかく仕上げています。

自分の好みに変更できるのが、手作りのいいところですね。

 

肩を縫う・見返しをつける 

f:id:sewing8:20190109155902j:plain

見頃2枚の肩の縫い代に、ジグザグミシンをかけます。見頃を中表に合わせて、肩を縫います。縫い代をアイロンで割ります。

 

見頃を表に返します。前見返しと見頃を、中表に合わせて縫います。

縫い代に切り込みを入れます。

襟ぐりのできあがり 

f:id:sewing8:20190112160709j:plain

見返しを表に返して、アイロンで整えます。

襟ぐり3センチ幅のところを、一周まわって縫います。 

脇を縫う 

f:id:sewing8:20190112161735j:plain

見頃2枚を中表に合わせて、縫い代1センチのところを縫います。

脇の縫い代に2枚一緒で、ジグザグミシンをかけます。

 

袖ぐりを始末する 

f:id:sewing8:20190112163329j:plain

私は洋服を、チュニックワンピースとして着るのが好きです。

なので、市販の型紙を補正して使ってます。脇のところを、7センチ程下げています。

 

クロバーカーブ定規はすごく便利 

その時使っているのが、カーブ定規セットです。これで、袖ぐりを自然なラインで、補正することができます。


洋服作りを始めた、超初心者の頃から使っています。

その頃、洋裁の知識もなく、補正も苦手でした。

カーブ定規を使うと、下げたい箇所まで、すっと線をひくと補正の完成!

簡単にできて、助かります。

今も愛用しています。特にクロバーカーブ定規は、おすすめです。

 

見頃とバイアステープを、中表に合わせます。バイアステープは、市販の白を使っています。

バイアステープの折り目を、一周縫います。

 

縫い代に切り込みを入れます。縫い代を裏に倒して、アイロンで整えます。

バイアステープの端に、ミシンをかけます。 

  

裾を始末する 

f:id:sewing8:20190112162714j:plain

裾を、三つ折りにして縫います。ミシン糸は、この生地の色に合わせて、生成り色を使ってます。

出来上がりです

f:id:sewing8:20190119160854j:plain

こちらは、見頃の中心から左右対称に、バラが並びます。

f:id:sewing8:20190119160232j:plain

もう一枚は、見頃の中心に、バラが来るように裁ちました。

 

ヴィヒキルースの生地は、リピートで買います。1リピート60センチなので、2リピート買いました。

 

2リピートで、120センチです。この長さで、袖なしのワンピースが、膝丈下くらいで作れます。

 

それでは、ブログにお越し下さり、ありがとうございました。