(夏)日焼け対策(冬)防寒になるネックカバーの作り方

 京都のリネットさんはリネンの色がきれいで色数も多い 

f:id:sewing8:20180830154354p:plain

 この布はリネットさんで買いました。京都地下鉄の烏丸御池駅を上がって、姉小路通にあるお店です。ウェブショップもあります。

 

今回は普通地リネンで作りました。

リネンダブルガーゼで作るのも、肌触りがやわらかくてオススメの生地です。

 

ネックカバーを作るのはなぜ?

私は首が日焼けしやすいです。顔よりも先に、首が日焼けします。

 

以前友達から、「顔はやけてないのに、首(日焼けして)まっ黒だよ。特に、首の後ろのほうが。」と、注意されて初めて気がつきました。

首がやけやすいことに。

 

当時ネックカバーを探したのですが、種類は少なく、かわいいものがありませんでした。

なので、自分のお気に入りの布を見つけてきて、手作りするようになったのがキッカケです。

リネンネックカバーの作り方

f:id:sewing8:20180829164026p:plain

リネンは水通しする

リネンは洗濯すると縮むので、裁断前に水通しをします。

 

水通しは、布を水に浸けます。軽く脱水して干し、生乾きのときに布目を整えながら、アイロンをかけます。

 

布を裁って、端を始末する

f:id:sewing8:20180829164351p:plain

布を縦38㎝と横74㎝に裁ちます。

 

左右の縦端は1㎝折り返してミシンをかけます。下側も1㎝折り返してミシンをかけます。

 

 ゴム通しを作る

f:id:sewing8:20180829164805p:plain

1㎝折ったあと、さらに5㎝幅に折ります。端にミシンをかけます。 

ゴム通し部分の出来上がりです。

 

中表にして上から4㎝下がって、7㎝縫います。上の写真の青いチャコペンの線です。

そして表に返します。

ゴムを通してストッパーをつける 

f:id:sewing8:20180830153721p:plain 

f:id:sewing8:20180830154743p:plain

ストッパーを押しながら引き絞ると、こんな感じになります。

ストッパーはイオンのパンドラハウスか、トーカイさんで買ってます。

ゴムは一番細いものを使います。

コードストッパーを変えた

この記事の、ネックカバーのコードストッパーは、上の写真のように大きいのをつけてました。

着用する時は、ゴムとコードストッパーは外から見えないように、中に入れてました。

すると、ストッパーが首に当たってゴロゴロするのが、気になってきたんですね。

www.sewing7.com 

この記事のネックカバーの時に、一番小さいのに変えました。首にあたるゴロゴロ感はなくなりました。

スッキリ気分で身に着けてます。

 

2枚できた 

f:id:sewing8:20180830153213p:plain 

1枚でもよいのですが、洗濯するので2枚作りました。